エキサイトブログの広告を消す方法をご紹介

この記事ではエキサイトブログの広告を消す方法をご紹介していきます。

自分のブログに広告が表示されてしまうと、訪問してくれたユーザーが広告に流れてしまう可能性もあります。それを防ぐために広告非表示にすることでより自分のブログに集中して見てもらえるのようになるでしょう。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

有料プランへ加入することで広告を非表示にできる

無料ブログに登録した後に自身のサイトを閲覧をすると、ブログサイトと提携している企業の広告が表示されます。

これは登録者にサーバーを無料で貸し出す代わりに、作成したブログサイトに企業の広告を表示することでブログサイトは料金をもらい運営費にするからです。

 

ただ表示される内容は閲覧者にとっては邪魔に感じる存在のため、閲覧数を伸ばしたいのであれば消すことも考慮する必要があります。エキサイトブログといった無料ブログサイトで広告を消す方法は、やはり有料プランに加入することです。

広告が出てしまうのは運営費をもらうためのため、有料サービスに加入し料金をブログサイトに支払えば広告を表示する必要が無くなるので消えます。

エキサイトブログで集客するための書き方4ステップ

2020年6月28日

 

有料プランは初月無料

サイト運営で障害になる企業広告を消すには有料プランに加入する必要がありますが、実はエキサイトブログにはお試し期間というものが存在するのです。

有料に加入することで広告は消えますが、やはり無料で使っていたのを有料に切り替えるには躊躇してしまいます。そこで有料プランにお試し期間を入れることで、利用者にどんなメリットがあるのか理解してもらうのです。

 

もちろんお試し期間が終わった後は、そのまま加入する形ではなく確認事項があります。これは実際にお試し期間を利用してみて、自身のブログの内容と有料プランのメリットを比較してみる必要があるからです。

今後も運営し続ける余裕がないと判断したときには、有料プランを利用せずにそのまま無料のままで使えるようにするのです。

 

3つの料金プランがある

エキサイトブログの有料サービスを使うと決めた場合、このブログサイトでは以下の3つの料金プランがあります。

  • アドバンスプラン
    月額で270円支払うだけで利用することが可能です。このサービスを利用すると、サイトのブログヘッダーや下部に存在する広告を消すことができます。
  • プレミアムプラン
    月額で510円を支払うことで利用できます。このプランの場合には、広告のすべてを外すことができます。そのうえで好きなプラグインを挿入できるだけでなく、どんな人が閲覧をしているのかレポートとしてみることが出来るのです。
  • スーパープレミアム
    これは月額1030円で利用することができます。アドバンス、プレミアムコースで使える機能はすべて搭載しています。PC、スマートフォンすべての広告を完全非表示にすることができます。

 

スマホとPCで広告を消す場合には「スーパープレミアム」へ加入

外部に電波中継器を設置することで、外出中であってもスマホを使ってインターネットが使えるようになっています。

外部でもインターネットが使えることで、撮影した写真をすぐに投稿できることからスマホからでもブログが更新できるようになっています。ただパソコンとスマホでの閲覧は別サービスになるので、プレミアムコースに加入しても広告が削除されないです。

 

もしスマホからもブログ更新をするときには、最高プランのスーパープレミアムへ加入すると良いでしょう。

このサービスへ加入すると、そのほかのサービスプランをすべて受けられます。その上でパソコンとスマホの両方に広告削除が受けられるので、閲覧したときに速度低下を感じさせないで済むようになります。

エキサイトブログでランキングを上げる4つの方法

2020年6月27日

 

まとめ

エキサイトブログの広告を消す方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

エキサイトブログの場合、有料プラに加入うすることで広告を非表示にすることができます。広告を非表示にするメリットは訪問したユーザーが広告に流れるのを防ぐということです。特にビジネスを展開している方は広告非表示をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です