エキサイトブログで集客するための書き方4ステップ

この記事ではエキサイトブログで集客するための書き方4ステップについてお伝えしていきます。

エキサイトブログ自体は集客できるプラットフォームですが、ブログの情報発信の内容によってはそれが左右してしまうこともあります。そのため、ブログの内容についての書き方を4ステップにてお伝えしていきますので参考にしてみてください。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

1ステップ:読者に伝えたいことを明確にする

現在ではSNSも短文や画像投稿が主流で、文章を読むということから遠ざかっている人が多いので、最後まで一つの記事を読んでもらうためには工夫が必要です。

次に投稿されたらまたブログを訪問して読みたいと思わせるためには、「ブログを通して何を伝えたいのか」などのテーマや目的をはっきりさせる文章を書く必要があります。これがはっきりしていないと、「何を伝えたいのか」「誰を対象にしているのか」散漫な印象を与えるブログになっていしまいます。

 

商品やサービスを提供している場合にはそれに付随する情報をブログ発信していけば良いと思います。ブロガーとして活動していく人はブランディングを意識したりファンが求めている情報を発信していくと良いでしょう。

伝えたいことがはっきりしていれば、何を書けばいいのか自然に頭の中に浮かび上がってくるはずです。あなたの興味のある分野や知識がある分野などを発信していくといいでしょう。

 

2ステップ:見出しをつけて構成する

一つの記事に長文がだらだら書かれていると、有益な情報が書いてあったとしても、読者からすると読みづらいという印象を与えてしまいます。

最初に記事を開いたときに、長文でびっしり書かれていると、読むのが大変そうだと判断されて最後まで読んでもらえない可能性が高いです。

 

少しでも読み手にわかりやすく読んでもらうには、記事の中に見出しや小見出しを作るなどの工夫が必要です。もっと専門的に言うとH2やH3、H4など大見出し、中見出し、小見出しを作り文章構成すると良いでしょう。

ここでのポイントは一つの投稿の中で文章のまとまりごとに見出しを付けておくことです。特に長い文章は見出しを使わないとユーザーの離脱率が高くなりますので、必ず付けることをおすすめします。

エキサイトブログで稼ぐ3つの方法を解説

2020年5月22日

 

3ステップ:見出しごとに要点をまとめる

小見出しごとに順番に読んでいく人も多いですが、興味のある部分から順番に読んでいく人もいるので、見出しごとに簡潔に文章をまとめることも必要です。長い文を書こうとするよりも、文章を作りやすくなります。

実際に見出しごとにはっきりまとまっている方が読みやすいですし、次はどんな内容が書かれているのか、読者の好奇心を刺激することができます。

 

気を付けておきたいのは、文章の内容的にあまり意味のない見出しを作ってしまうことです。前後の見出し付きの文章とあまり変わらず、要点もまとめられていないものだと、ブログの内容がぼんやりとしてしまいます。

見出しのタイトルで、その項目の文章の内容の要点を明確にしておけば、読者もブログの中身が頭に入りやすくなるでしょう。

 

4ステップ:文章を見直してまとめる

公開前に本当にこの内容でいいのか、見直すことが大切です。

特に見直すところは、

  • 誤字脱字
  • 句読点の不備
  • 文法の乱れ
  • ブログのタイトルと記事の内容がかけ離れたものになっていないか
  • 見出しは適切か
  • 箇条書きにできるところは対応されているか

など、文章を書く上での基本的なルールを守ることが重要です。

 

有益な情報を発信していても、文章として欠点が多いと読者を引き込むことができません。 ブログのボリュームを出すために長文を書こうとするあまり、文章が回りくどくなっている点も注意が必要です。

文章量よりも、わかりやすさや簡潔さを重視しましょう。説明が必要な用語があるときには、分かりづらくなっていないかも見直しておくといいですね。

エキサイトブログでランキングを上げる4つの方法

2020年6月27日

 

まとめ

エキサイトブログで集客するための書き方4ステップについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

この4ステップを実践すれば集客できる記事を作ることができます。エキサイトブログは多くのユーザーが訪れるブログプラトフォームなのでぜひこの方法を活用して集客に活かしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です