エキサイトブロブの記事を簡単に書籍化する方法

この記事ではエキサイトブロブの記事を簡単に書籍化する方法についてお伝えしていきます。

エキサイトブログでは独自の機能としてブログ内容を書籍化できるものがあります。利用者にとって非常に便利で、ビジネス活動のツールとしても活用することができます。

それでは早速、具体的にどのような機能なのかや書籍発行のメリットなどを解説してきます。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

ブログ製本サービス(MyBooks)とは?

エキサイトブログでは自分のブログの内容を簡単に初期化できるブログ製本サービスを実現しています。

一般的にインターネット上で記載される様々な情報は時間が経つにつれ陳腐化してしまうことも多く、またサイトやサーバー側の都合により古い記事が消去されてしまうことも多いのでその連携性が維持されないことも少なくありません。

 

しかし中には自分のこれまでの記事を効果的に記録したいと思う人も多いことから、エキサイトブログではその記事を製本し美しい状態で残すサービスを提供しています。

これらの内容を美しい状態にすることで、第三者に対して非常に良い状態で提供をすることができるばかりでなく、場合によっては書籍化することも可能で様々な目的に利用できるのが大きなメリットです。

 

簡単に書籍化ができる

ブログ製本サービスでは、簡単に書籍化ができるのが大きなメリットとなっています。

通常のブログの場合にはその記事がサーバーのデザインによって決められることが多く、パソコンやスマートフォンなどで閲覧する場合には非常に便利な書式となっています。これを製本し記事にするためには様々なレイアウト変更や実際の見栄え等を手作業で行わなければならないのが一般的でした。

 

このサービスでは書籍化に適したデザインを自動的に実行し、PDFの形で保存することができるので実際に製本する際には非常にスムーズに行うことができるのがポイントです。

効率的なレイアウトを実現できるので、実際に書籍化する際に手間がかからずスムーズに美しい状態にすることができるのが魅力となっています。

エキサイトブログをでアクセス数を増やす4つの方法

2020年5月20日

 

他のブログプラットフォームにはない機能

一般的なブログには、単純にそのデータをインターネットのホームページ上に表示すると言う機能しかありません。

これは記事の二次利用や三次利用を簡単に行うことができないようにするためですが、その他にもサーバーの動作を軽快にしその容量を増やそうとする意図も見受けられます。

 

エキサイトブログでは、利用者のニーズに応えて様々なアーカイブを効率的に行う機能としてブログ製本と言う非常にユニークな機能を設けているのが特徴です。

自動的に製本を行うことができるので、自分自身の記録として有効に活用できるほか、様々なプロモーションにも利用することができるのが、他のブログプラットフォームにはない非常に効果的な機能となっています。

 

書籍の発行でブランディング化が可能

ブログは単なる日記や思いついたことを記載するものであると考えている人も多いのですが、自由に様々な事柄を記入することができるため、これをあるテーマを持って利用する人も少なくありません。

このような人にとっては様々な記録を残したり、もしくは自分の思いついた内容を記入する上で非常に重要なツールとなっています。

 

その中で小説や随筆などを記入しようとする人も多く、また写真などを有効に使用しながら情報を残そうと言う場合も多いため、このような使い方をする場合には書籍化すると非常に効率よく利用できると言うケースも多いものです。

ブログの内容を書籍化し発行することで日頃ブログを読まない人にとっても非常に効果的な情報提供のツールとなり、ビジネスの面でブランディングを図ることが可能となるのが特徴です。

エキサイトブログのアフィリエイトで稼ぐ方法を徹底解説

2020年5月21日

 

まとめ

エキサイトブロブの記事を簡単に書籍化する方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

書籍化機能は非常に便利なもので、ブログ内容をそのまま書籍にすることができます。ビジネスの広報ツールとしても活用することができ、利用者にとって便利な機能となっています。

ぜひ、あなたも書籍化でブランディングなどをしていきたい場合には活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です