エキサイトブログで読者を増やす3つのコツ

この記事ではエキサイトブログで読者を増やす3つのコツについてお伝えしていきます。

読者が増えればアクセス数も増やすことができ、商品やサービスを売っている場合には売上に直結します。

そのためにもこの3つのコツを参考んして実践して見てください。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

ジャンルを絞って専門的な情報発信をする

エキサイトブログで読者を獲得したいなら、ジャンルを絞って専門性を高めることがコツの1つとなります。あれこれと取り扱うブログは一見すると情報量が多く読み応えがあると思われます。

しかし実際は読者層が散らばってしまい、読者を増やすのが難しかったりします。逆にジャンルを絞ると、読者層も絞られてきますのでユーザーが欲しがる情報を集中的に発信できます。

 

専門的なブログは需要が高く何度も繰り返し読まれる可能性があるので、読者が増やせるだけでなく安定化が図れます。ジャンルを1つに決めるとなれば、得意分野を選ぶことができますから、後はコツコツと記事を書いて定期的に発信していく形です。

ニッチなジャンルならライバルは少なく、真っ先に専門的な情報を充実していけるので、特定のジャンルで優位に立てるチャンスがあります。

エキサイトブログをでアクセス数を増やす4つの方法

2020年5月20日

 

ユーザーに役立つ情報発信を心がける

ブログにおいて重要なのは情報量だけでなく情報の質や有用性です。ユーザーが役立つ情報というのはお金を払ってでも欲しいと思える価値を持ちます。

その価値こそがユーザーの心を掴み、読者を増やすきっかけとなります。ユーザーに有用な情報を提供できれば多くのユーザーがあなたの読者になってくれることでしょう。

 

大切なのは、

  • ユーザーの視点に立つこと
  • 欲しいと思われる情報をピンポイントで提供する

という2点です。

ニーズに応えることが利益に繋がるのはビジネスの世界では基本中の基本で、ブログにも当てはまる事実です。だからこそユーザーのニーズをリサーチしたり、役立つと感じる情報発信を心がけることが重要となります。

誰も欲しくない情報は見向きもされませんし、発信するだけ無駄ですから、本当に読者を増やしたいなら情報の内容と質を確認しましょう。

 

定期的かつ継続的に情報発信をする

エキサイトブログに限らずブログで安定的に読者を獲得するには継続的な情報発信が不可欠です。発信の頻度が不定期だったり、間隔が開いてしまうと人々の関心は薄れ、やがて興味を持たなくなります。

心が離れてしまえば読者自身も離れることになるので、折角獲得したファンを失う結果に至ります。不定期でも、毎回インパクトのある情報発信ができれば、読者は離れにくくその度に記事が読まれることになるでしょう。

 

ところが意図的にインパクトを強めるのは難しく、同じような手は何度も使えないのがネックです。そのため定期的に継続的な情報発信を行うのが現実的で、多くの人にとっての最適解となります。

隔週でも曜日を決めれば継続的な情報発信になりますし、次の発信日が決まっているので、読者が容易に離れることはないでしょう。

 

エキサイトブログは読者を増やしやすい

エキサイトブログは読者が増やしやすい環境で、ジャンルを絞ったり情報発信の基本を守れば簡単に一定のファンがつきます。

具体的な策としては、

  • 情報量の多いプロフィールで興味を引く
  • ランキングに載る情報発信を心がける
  • 多くの人が読みたくなる記事を増やす
  • 読み返したくなる記事を書く

などが挙げられ、ファンを増やす糸口が掴めます。

 

そこから噂が噂を呼んで新たな読者を呼び込みますし、話題性が高まれば他からも流入してくるでしょう。

ブログは読み手が存在してこそ価値があるので、エキサイトブログの機能をフル活用して画面の向こう側にいる読者を意識した記事の投稿や運営に取り組むことが大切です。努力を続ければいずれ結果が現れますし、軌道に乗れば自然と読者が増加するでしょう。

エキサイトブログは集客ができるか徹底検証

2020年5月23日

 

まとめ

エキサイトブログで読者を増やす3つのコツについて解説してきましたが、いかがでしたか?

この3つのコツを活用すればエキサイトブログで読者を増やすことは簡単に出来ることでしょう。

読者が増えれば顧客リストを獲得することもできますし、あなたが商品やサービスを販売している場合には売上にも直結していきますので、ぜひ参考して取り入れて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です