初期費用0円キャンペーン中!今すぐ申し込みへ

人気ブログランキングの集客効果と攻略法

この記事では人気ブログランキングの集客効果と攻略法について解説していきます。

人気ブログランキングの集客効果はランキングサイトからのアクセス数の増加です。特にブログランキングの上位表示になることができれば、アクセス数の増加も比例して増えていきます。

ポイントとなるのがランキング際の上位表示ですので、これについての攻略法をお伝えしていきます。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

集客効果:アクセスアップできる

人気ブログランキングの中に入ると、多くの人に閲覧される可能性があります。多くの人に閲覧されれば、それだけアクセスアップできるでしょう。

アクセスアップとは、そのブログに訪問した人が増えることです。今までランキングに掲載されていないとすれば、5倍から10倍位のアクセスを増やすことができるわけです。それだけランキングに掲載されている人は注目されることが理解できます。

 

ただし、ランキングに掲載されていたとしても必ずしも何倍もの結果が出るとは限りません。何故かと言えば、上位のほうに掲載される場合と下位のほうに掲載される場合では閲覧者数が圧倒的に異なるからです。

多くの人は上位3番目位まで閲覧しますので、下のほうの順位とアクセス数に大きく差が出てしまうことがあります。

人気ブログランキングでアクセス数を増やせる4つの理由

 

集客効果:被リンクを獲得できる

アクセスランキングに入れば、被リンクを獲得できる可能性があります。どのような意味かと言えば、その記事を読んで面白いと感じた人やその記事を読みたいと感じた人が自分のブログとリンクをするわけです。

そして、リンクをつなげてくれた人のブログに訪問した人がアクセスランキングに入っている人のブログを読むきっかけになるわけです。

 

逆にこれがなければ、どことも接点を持つことができないため閲覧者を増やすことができないでしょう。

このリンクにどのような意味があるかと言えば、上位表示する可能性があることです。もちろん上質なものであればなお良いですが、そこまで有名なサイトから貼れなかったとしてもSEO効果はあるといえます。

 

攻略法:INポイントを増やす

ランキングに入れば、INポイントを増やすことも可能です。このポイントは、入れば入るほど様々な面で有利になります。

人気ブログランキングはINポイントとOUTポイントがありますが、特にランキングに影響を与えているのはINポイントです。週間ランキングと月間ランキングがありますが、いずれの場合もINポイントを重要視しています。

 

INポイントとはあなたのサイトに貼られたバナーをクリックされるごとに1クリック最大で10ポイント貯めることができます。

このポイント数によってランキングが決まりますので、バナーのクリックを促すとか見やすい位置にバナーを配置することをおすすめします。

 

攻略法:参加人数が少ないランキングへ参加

ランキングを様々ある中で、参加人数が少ないところを狙うと良いでしょう。参加人数が多いところは、それだけ人気があるため上位に入り込む事は難しいです。

特に、人気カテゴリに有名人などがいる場合にはランキング上位表示が難しくなります。ただし、GIVEアクセスサービスを活用すれば、人気カテゴリでも上位表示が可能です。

 

あえてマイナーなところのランキングに参加すれば、参加するだけで上位に入ることも可能です。もちろん誰もいないようなところはないにせよ、明らかに人気のないところがあるのは事実です。

もしそのジャンルで記事を書くことができれば一気に有名になる可能性があります。それだけでなく、ポイントを取得することができるため、換金してお金にすることもできるわけです。

人気ブログランキングで上位表示を取る方法【3ステップ】

 

まとめ

人気ブログランキングの集客効果と攻略法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

人気ブログランキングの集客効果は被リンクの獲得やランキングサイトからのアクセス数の増加です。特にブログのアクセス数が伸び悩んでいる方にはおすすめのマーケティング施策となります。

また、攻略法としてはINポイントを増やす施策を行い、カテゴリ参加人数が少ないところへ参加することです。そうすれば、ランキングの上位表示も容易にできますので、おすすめの手法となります。