ブログ村でランキング上位表示する4つの施策

この記事ではブログ村でランキング上位表示する4つの施策していきます。

ブログ村のランキングで上位表示ができれば継続的な集客をしていきことができますし、ブランディング化も施策として活用できます。

上位表示は様々なメリットがありますので、ここではブログランキングの上位表示する方法について4つの施策を解説していきますので、ぜひ実践して見てください。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

カテゴリーは1つに絞る

個々が興味関心を抱いている物事は多種多様である特性を考慮して、サービスではランキングの制度を利用する際に3つのカテゴリーが選べる仕組みです。

3つのカテゴリーを選ぶと、正しくカテゴライズされる事によりカテゴリーを用いて自らが興味関心がある物事について執筆しているブログを探している方にとっては辿り着きやすくなるものの、ポイントという観点では1つだけに絞った方が良いです。

 

1つに絞るべき理由は登録時に3つ合わせて100%になるように振り当てる割合を決める様子が関係しており、カテゴリー分けをして割合を振り当てれば見てもらえる機会が増えてポイントも得られますが、100%分にはならないためです。

100%分のポイントを得るにはカテゴリーを1つだけにする事が求められるので、1つだけ選び100%振り当てましょう。

 

更新頻度を増やす

ブログランキングは、ランキングに限らずに投稿されて間もない新着の記事についてもサイドバーに現れる仕組みなです。

新たな記事を執筆して投稿を行う毎に新着であると紹介が行われるため、ランキングを見に来てくれた人たちが気に留めてもらいやすいです。

 

そのため、執筆して投稿する機会はできるだけ多くすると良いですが、尚一層良いのが手がける記事のクォリティを高くする事です。

クォリティが高い記事を投稿していると、有益な情報を執筆している人という認識を抱いてもらえるようになるためランキングに現れた時にクリックしてもらえる機会が多くなる上に、更新をしていない時にも自発的に訪れて更新のチェックや過去の作品を楽しんでもらえます。

ブログ村に登録して稼ぐことができる?徹底検証

2020年8月19日

 

バナーを目立つところへ設置する

サービスを利用していると記事の中などに貼り付けられるバナーが使用可能になり、貼り付ける場所は自由に選ぶ事ができます。

好きな所に貼っても良いですが、貼る位置によって様相が異なる事も意識しておくとより良いです。

 

ブログのトップページの下部や記事の下部などに貼る場合の他に記事の中に貼り付ける事もでき、記事の中に設けると文章を読み進めている途中段階で選んだバナーが現れるため、ますます閲覧しているユーザーに強調して見てもらえます。

デザインはジャンルに関わらず溶け込むデザインが施されているので自然に文章の中に採用する事ができますが、サイトに専用のページが用意されているのでオリジナルの作品も簡単に作る事ができます。

 

自己クリックを行う

バナーを押す事でポイントが発生させられるのは楽しんでくれているユーザーに限らず設置して記事の作成をしている運営者も例外ではないため、1日につき1度運営者がバナーをクリックしてポイントを発生させる事が可能です。

自己クリックは1回のみ有効なので2回目からは押しても結果が反映される事はないものの、自宅のパソコンなどで行ったあとに他の場所のパソコンを使用してサイトを訪れる機会がある時にクリックすると結果が反映されます。

 

自宅以外の場所でインターネットに接続されたデバイスを使用する機会がある時には覚えて置くと良いでしょう。ただ、これについても実践するためにはいくつかの注意点があります。

このような自己クリックは運営側が発表しているアプローチという事もあって、気軽にポイントの発生に繋げられる作業です。

ブログ村のランキングに参加するべき4つの理由

2020年8月25日

 

まとめ

ブログ村でランキング上位表示する4つの施策を解説してきましたが、いかがでしたか?

ブログランキングで上位表示ができれば、集客やブランディング化をしていくことができます。その結果、売上につながったり知名度を上げたりすることができるようになります。

今回ご紹介した4つの施策を実践し、ブログランキングの上位表示を狙ってみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です