初期費用0円キャンペーン中!今すぐ申し込みへ

ブログ村でクリック率を上げる4つの方法を解説

この記事ではブログ村でクリック率を上げる4つの方法を解説していきます。

ブログ村でクリック率を上げることができれば、その分ポイントを加算することができランキングアップに繋がります。

ランキングの上位表示になることができれば、集客や売上アップに貢献することができますので、代表的なクリック率を上げる方法を実践してみることをおすすめします。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

ブログ村おすすめのジャンルへ参加する

ブログ村でクリック率を高くするために、ブログ村おすすめのジャンルへ参加することを試してみることをおすすめします。

登録時には自分のブログのジャンルを決めることになりますが、選び方を間違えてしまうとアクセス数が増えにくくなります。

 

どのジャンルが盛り上がっているのか調べるためには、そのジャンルのランク上位ブログの週間OUTが10,000を超えているかどうかチェックしてみると良いです。10,000以下の場合は、そのジャンルに登録しても読者が増えない可能性が高いと言えます。

人気のある内容はそのときで違っていますが、ミニマリストやワーキングマザー育児、北欧インテリアや節約などは常に盛り上がっているので、こういった内容を選んでみると良いでしょう。

集客力アップ!ブログ村のカテゴリーの3つの選び方を解説

 

自作バナーを作成する

自作バナーを作成することも効果的な方法です。ブログ村が提供しているバナーはジャンルなどが書かれているだけの簡単なものであり、オシャレとは言い難いデザインだと言えます。

その上、非常に小さいので読者の目にとまりづらかったり、クリックすることが面倒だと思われたりする可能性が高いです。

 

自分でバナーをつくる場合はサイズを大きくすることができますし、イラストや文章を入れることもできます。魅力的なバナーが用意されていると、クリックしてみようという気持ちになるユーザーが増えるでしょう。

無料で簡単にバナーをつくることができるサービスもたくさんありますので、そういったサービスを活用しながら作成してみることをおすすめします。

 

テキストリンクを活用する

テキストリンクを活用する方法もおすすめです。バナーより効果的な使い方ができることから、ランキング上位者はテキストリンクを上手く活用しているケースが多いと言えます。

任意のテキストをリンクとして利用することができるので、読者が興味を持つような文章を用意しておけば良いでしょう。

 

関係ない文章や誤解させるような文章にすることは禁じられており、ブログ村という言葉を含めなければならないなどのルールもありますが、公式で発表されている使い方を守っていれば問題ありません。

独自性が高くユニークなテキストリンクを設置しておけば、興味を持ってくれた人のクリックを期待することができます。ブログ村のマイページのランキング参加中のINポイントバナーからテキストリンクのコードを取得することができるので、これを活用すると良いでしょう。

 

読者に「クリックのお願い」を行う

読者にボタンを押してもらうようにお願いをするという方法もあります。

「クリックお願いします」というコメントだけではなく、「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えたり、「みなさんのクリックが励みになっています」というような文章を書いたりすると、読者の心を動かしやすくなるでしょう。

 

ランキングリンクをただ貼りつけているだけのブログよりも、誠実さが伝わる言葉を用意しているブログのほうが上位に入りやすい傾向があります。丁寧に気持ちを伝えることで、いつも面白い記事を読んでいるからクリックしておこう、今後も頑張ってほしいからクリックしようと思ってもらえるようになるでしょう。

抵抗感がある人もいるかもしれませんが、お願いをすることは問題ではないので、読者に感謝の気持ちを伝えつつお願いしてみると良いです。

【ブログ村】アメブロで必ずやるべき4つの設定項目

 

まとめ

ブログ村でクリック率を上げる4つの方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

おすすめのジャンルへの参加やオリジナルバナーの作成、テキストリンクの活用、読者に対してのアプローチなどを行うことで、クリック率を上げることができます。

ランキングアップのためにもクリック率を上げる必要がありますので、ぜひ実践してみることをおすすめします。