利用者数3,000突破!お申し込みはこちらへ >>

人気ブログランキングとは?4つの特徴を徹底解説

この記事では人気ブログランキングとは?4つの特徴を徹底解説していきます。

人気ブログランキングはブログランキング業界の中でも大手のサイトとなっており、IN・OUTポイント制度によってランキング化されています。

ランキングの順位が上がれば上がるほど集客効果を期待できます。ここでは具体的な特徴お4つご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

集客力・認知度アップに効果的なサービス

にほんブログ村やエキサイトブログなどのランキング上位表示を可能になるのが「GIVEアクセスサービス」です。当サービスはAI(人工知能)システムを活用して最適化された状態でアクセス数を増やしていきます。上位表示している多くのブロガーに利用いただいています。

✔︎GIVEアクセスサービスの詳細を今すぐ見る

 

人気ブログランキングとは?

人気ブログランキンとはブログ登録が完了しているものをジャンル毎に分けてそれぞれランキング形式にしているものです。

ランキングの順位はINポイントやOUTポイントといった独自の機能で計測されており、特にINポイントが多いほどランキングの順位が高くなります。

 

また、仕組みの名称にもなっているように表示に際してはランキングの形式が採用されているため、高い点数が付けられているウェブサイトであるほどにランキングにおいて上位に位置する事が可能になります。

検索エンジンにおける検索結果と同様に、ランキングの上位に位置しているほどより一層大勢のユーザーにアクセスし閲覧してもらえるようになるので、ブログの影響力をますます高めたいと考えている管理者においては特に重要性が高いです。

人気ブログランキングの仕組みを徹底解説

 

INポイントとは?

サービスの中にはINポイントという仕組みが存在しているのですが、一言でINポイントとは言っても週間と月間に分類されます。

 

  • 週間ポイント

週間は1週間を1つの区切りにし、自らが運営しているブログをきっかけにしてランキングに移動してきた人の様相が明瞭化させられます。こうした数値を意識しつつ目を向け続ける必要があるのは、ランキングの順位が定まる際に直接的に関係する点が挙げられます。

 

  • 月間ポイント

そして月間については名称通り1ヶ月間あたりのデータの事を指し、データは細やかに見ていった方が柔軟かつすぐに然るべき対応をしやすいものの1ヶ月間を1つの区切りで見てみると上旬や中旬、下旬といった区切りでの差異に気が付けるようになりより良いアプローチがしやすいです。

 

OUTポイントとは?

OUTポイントはランキングを介して自らが運営しているブログに訪れてくれたユーザーの人数を示す数値であり、数値を見る時にポイントになるのは1クリックにつき最大で10ポイントです。

そのため、1週間あたりのOUTポイントが5000と表示されているのであれば、ランキングがきっかけでブログにアクセスしてくれたユーザーの数は500人となるため、運営をしている目的や今後について考えて次の展開が考案できるようになります。

 

INポイントについてはランキングにおける順位に影響が生じますが、OUTポイントに関してはブログなどのアクセスに直接的に関わるのでアクセス数があるので見逃せない方は、特に入念に目を向け続ける必要があります。

ただし、ランキングの上位表示をしたい場合にはINポイントを集めることだけに集中することが大切です。

 

ランキングは集客効果がある

ランキングに際して表れる数値として挙げられるのがOUTやINといったポイントであり、ブログ単体としてのアクセス数だけを注視するのではなくランキングの順位に関係する数値にも抜かりなく目を向ける事で、ますます多方面から集客可能になります。

また、ランキングに登録されるとユーザーに見つけてもらいやすくなるが故に、結果的にアクセス数も増加させられます。

 

インターネットはとても広い仕組みですが、各々が独立して点在する様相になっているのでURLや検索ワードなど対象のブログに直接的にたどり着けるきっかけが必要です。

ランキングはジャンルが区分になっているため、大まかな興味関心がある物事さえはっきりとしていればアクセスしてもらえる機会が得られますし上位であれば尚更です。

人気ブログランキングで上位表示を取る方法【3ステップ】

 

まとめ

人気ブログランキングとは?4つの特徴を徹底解説をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

人気ブログランキングはINポイントやOUTポイントがあり、ランキングの順位をあげたい場合にはINポイントを増やしていく必要があります。ランキングが上がれが上がるほど、集客効果は増えていきますので、ぜひ導入を検討してみてください。